「ロバのおうじ」との出会いの場、「祈りの丘絵本美術館」@長崎へ

長崎の「祈りの丘絵本美術館」に久しぶりに出かけました。

私と絵本「ロバのおうじ」との出会いの場所です。

祈りの丘絵本美術館

まるでイギリスのお城かと思うような建物と中庭です。ロバのおうじがひょっこり顔を出しそうな雰囲気ではありませんか?

この「祈りの丘絵本美術館」は、子どもの本を専門とする書店、童話館が運営している絵本の美術館です。2階で挿絵の原画展などが行われています。

童話館は、年齢に応じた絵本の配本で有名ですね。この建物の1階部分が書店となっていて、世界中の絵本、童話館が出版した絵本などがいっぱい。今回も母と一緒に長い時間を過ごしてしまいました。ちゃんと「ロバのおうじ」もありましたよ。

10年前に、この美術館でリュート二重奏のコンサートを行い、その際に社長さんから「ロバのおうじ」の本をいただいたのが、私と「ロバのおうじ」との出会いとなりました。

その社長さんは数年前に急逝され、とうとう朗読音楽会を聴いていただくことができませんでした。それがとても心残りです。

祈りの丘絵本美術館正面

今年もまた、全国の朗読や読み聞かせ活動をなさっている方々と協力しながら、朗読音楽会「ロバのおうじ」公演を、根気強く、楽しく、無理なく、継続していきます。

 

Follow me!