昨年、シェイクスピア作品におけるリュートについてブログを書いていた頃、
お世話になった方から、日本バラッド協会の存在を教えていただき、
2017年春の例会に参加してみました。

日本バラッド協会サイト

クリックで、日本バラッド協会サイトへ

私は 初心者すぎて右も左もわからない状態でしたが、
親切で気さくな雰囲気の中で、各分野の専門的な発表が行われました。

 

最近、私が抱えている課題は、

「リュート作品におけるバラッド・チューン」
「月琴音楽の口伝伝承の扱い」
「ロバのおうじの原型となるグリム童話」

なのですが(とてもバラバラのテーマであるようで根本は同じと思われ)

この日の研究発表が、これらの問題を考えるのにとても参考になりました。

 

 

研究発表のあとは、音楽コーナーで、
ギターやハルモニウムの伴奏によるバラッドの歌を聴いたり、
みんなで歌詞を見ながら歌ったり・・・
これは純粋に楽しかったです。

 

 

この協会での会話を聞いていてすごいな、と思ったのは、
古い時代のバラッドに関する資料研究だけでなく、
日々、Youtubeなどの動画にアップされる新しいバラッドも
しっかりウォッチしていること!

伝統的なメロディーに、時事的な歌詞を載せて
替え歌にしていくパターンが多いから、当然とはいえ、

中世から現在までの長い期間を一つづきに捉えて
音楽をまるで生きもののように考えているのです。
このような態度には、とても共感を覚えました。

また例会に参加したくて、入会することにしました。

いつかリュートの演奏で貢献できるように
遅々とした歩みながらも、学びを進めていきたいものです。