ロバのフィギュアが乗ったリュート画像

35年を超えるロングセラー絵本『ロバのおうじ』が、

リュートの響きにのせて、新たに語り継がれようとしています。

子どもたちと、かつては子どもだったすべての大人たちのための朗読音楽会。

 


目次(このページ下部へリンクしています)

朗読音楽会「ロバのおうじ」とは

「ロバのおうじ」のあらすじ と 書籍情報

朗読音楽会「ロバのおうじ」を一緒に体験しませんか?

・公演を聴いてみたい方へ ・朗読をしたい方へ ・主催をしたい方へ

 

関連記事(このサイト内の別のページに移動します)

 
 
 
ファンサイト(外部サイトへ移動します)
 

 

朗読音楽会「ロバのおうじ」とは

 
朗読音楽会=朗読  X  リュート生演奏 X 挿絵の投影

  

 
という独自のスタイルで、「ロバのおうじ」の物語を上演するプロジェクト。
 
すでに50回以上の公演を重ねています。

 

  • 数多く登場するロバの王子のリュート演奏シーンでは、ルネサンス時代に作られたリュートのための作品をたっぷりと演奏します。
  • 美しく繊細なバーバラ・クーニーによる挿絵を、PCとプロジェクターによる投影でゆったりと鑑賞。
  • 小学生〜大人の方を対象。
  • サロンや教室など小さなスペースから、大ホールまで対応可。

 

「ロバのおうじ」のあらすじ と 書籍情報

『ロバのおうじ』表紙全体

 

ロバの王子は、グリム童話の代表作のひとつです。

昔、平和な国をおさめている王と王妃がおりました。
すべてが幸せだったのですが、たったひとつの悩みは、子どもがいないことでした。

そこで魔法使いと、金貨33袋とひきかえに子どもが授かるよう約束しました。

ところが約束をまもらなかったため、魔法使いは、生まれた王子をロバの姿にしたのです。
教育も受け、他の王子とひけをとらない能力があっても、その姿のせいでロバの王子は両親から愛してもらえません。

王子は、ロバの姿でも愛してくれる人を求めて、得意な楽器のリュートをたずさえ、旅に出ます。(絵本扉文より)

 書籍情報

グリム童話より M.ジーン・クレイグ(再話)バーバラ・クーニー(絵)もき かずこ(訳)
 
発行:株式会社 ほるぷ出版(1979年第1刷、2018年第47刷)
 
価格:本体1350円+消費税
 
対象年齢:4歳から
 
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館教会選定図書
日本子どもの本研究会選定図書
 
書籍購入は ほるぷ出版のサイト または Amazon より

 

 

朗読音楽会「ロバのおうじ」を一緒に体験しませんか?

朗読音楽会「ロバのおうじ」facebookページ

 

●朗読音楽会「ロバのおうじ」を聴いてみたい方へ

これからの公演情報は、このサイト内のコンサート・イベント情報をご覧下さい。

 

●朗読音楽会「ロバのおうじ」で朗読してみたい方へ

一人による朗読から、5〜6人のグループ朗読にも対応できる台本を用意しています。

随時、朗読を担当&広報にご協力して下さる方を募集しています。

必要に応じて、ブログ記事またはFacebookページにて朗読者募集の告知をすることがあります。

詳細はこのサイトの「お問い合わせ」よりメールにてご連絡下さい。

 

●朗読音楽会「ロバのおうじ」を主催したい方へ

会を主催して下さる方を募集しています。お気軽にお問い合わせ下さい。

小学校や図書館、教育施設関係の方には、別途、ご提案がありますので、その旨ご連絡下さい。
(文化庁芸術家派遣事業登録アーティストです。)

●その他

公演にあたっては、ほるぷ出版と翻訳のもきかずこ氏に著作物利用許可申請を提出しています。

このプロジェクトはボランティア活動ではありません。

 

Facebook内にページがあります。
アカウントをお持ちの方は、いいね!で応援をよろしくお願いします。

 
詳細については以下の記事をご参照下さい。

Projects

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ